コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗合船 のりあいぶね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乗合船
のりあいぶね

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『魁香樹 (かしらがき) いせ物語』。3世桜田治助作詞,5世岸沢式佐作曲。天保 14 (1843) 年1月江戸市村座初演万歳才蔵,大工,通人,巫女,白酒売り,女頭が,初春の隅田川渡し船に乗合せて踊る,江戸時代末期の風俗を描いた舞踊曲。後半の太夫,才蔵による三河万歳眼目宝船に乗る七福神の見立てであるが,役柄・人数とも上演のたびに都合される。慶応2 (66) 年手を加えて『乗合船恵方 (えほう) 万歳』と改名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のりあい‐ぶね〔のりあひ‐〕【乗合船】

規定の運賃をとり、定まった航路を多くの客を乗せて運航する客船

のりあいぶね【乗合船】[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。本名題「乗合船恵方万歳(えほうまんざい)」。3世桜田治助作詞、5世岸沢式佐作曲。天保14年(1843)江戸市村座で初演のときの名題「魁香樹(かしらがき)いせ物語」。初春の隅田川の渡し船に乗り合わせた人々の芸尽くし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乗合船【のりあいぶね】

常磐津節の曲名。5世岸沢式佐作曲の《魁香樹(かしらがき)いせ物語》を改作した《乗合船恵方万歳》の通称。新春の隅田川の渡しに乗り合わせた万歳,通人,大工らの踊りを中心とした名曲。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のりあいぶね【乗合船】

歌舞伎舞踊。常磐津。本名題《魁香樹(かしらがき)いせ物語》。1843年(天保14)1月江戸市村座で12世市村羽左衛門,4世中村歌右衛門ほかにより初演。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付西川七郎次,西川巳之助(5世西川扇蔵),西川芳次郎花川蝶十郎。初春の隅田川の渡し場で万歳,才蔵(造),白酒売,大工,通人,巫女,船頭が芸づくしの仕抜(しぬき)を踊る。初演は七福神の見立てだが,のちに多くの人物が登場。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗合船
のりあいぶね

歌舞伎(かぶき)舞踊。常磐津(ときわず)。本名題(なだい)『魁香樹(かしらがき)いせ物語』。3世桜田治助(じすけ)作詞、5世岸沢式佐(きしざわしきさ)作曲、西川巳之助(みのすけ)・花川蝶十郎らの振付け。1843年(天保14)1月、江戸・市村座で12世市村羽左衛門(うざえもん)の万歳(まんざい)、4世中村歌右衛門(うたえもん)の才蔵らにより初演。初春の隅田川の渡し場で万歳・才蔵・白酒売(しろざけうり)・大工(だいく)・通人(つうじん)・巫女(みこ)・女船頭らが芸尽くしを踊るもので、とくに万歳・才蔵の洒脱(しゃだつ)で好色趣味豊かな振が眼目である。初演のときは富本(とみもと)・竹本・長唄(ながうた)との掛合いの曲だったが、のち常磐津だけになり、1896年(明治29)1月、東京・春木座以来、『乗合船恵方万歳(えほうまんざい)』の外題(げだい)が定着した。また、当初は登場人物7人で七福神に見立てる趣向だったが、その後ほかに門礼者(かどれいしゃ)・芸者・子守・田舎侍(いなかざむらい)などを適宜に配して上演することが多い。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乗合船の言及

【水運】より

… また,水運は物資輸送が中心であったが,同時に旅人も運んだ。最初は荷物に付随して来る荷主・宰領が主であったが,そのうち一般旅人も乗船するようになり,旅人専用の乗合船も生まれた。淀川の三十石船,利根川の境,関宿船などがそれである。…

※「乗合船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乗合船の関連キーワード乗り合い船・乗合い船桜田治助(3代)岸沢式佐(5代)桜田治助(3世)岸沢式佐(5世)食らわんか舟くらわんかオフショア落月堂操巵芝居乗合話歌舞伎舞踊タイ(魚)市川 青虎奈良茶船常磐津節日本舞踊シログチ水上バス煮売り船永井如瓶

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乗合船の関連情報