コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮梅 ニウメ

デジタル大辞泉の解説

に‐うめ【煮梅】

梅の実を砂糖煮にしたもの。 夏》「何阿弥の秘めて―の加減かな/嘯山」
よく熟した梅のを煮てすりつぶし、塩を加えた中に青梅を漬け込んだもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

にうめ【煮梅】

①青梅をゆで、砂糖みつで甘く煮含めたもの。梅干しを塩抜きして作ることもある。
②黄色く熟した梅をゆでてすりつぶし、塩を加えたなかに、青梅を漬けたもの。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にうめ【煮梅】

梅の実の砂糖煮。
黄熟した梅の実を煮て実をすりつぶし、塩をまぜ加えた中に青梅を漬け込んだもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煮梅の関連キーワード嘯山阿弥

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

煮梅の関連情報