コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆礬 たんばん chalcanthite

4件 の用語解説(胆礬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆礬
たんばん
chalcanthite

硫酸塩鉱物の一種。 CuSO4・5H2O 。三斜晶系。短柱状,板状結晶であるが鍾乳石状,腎臓状,粒状の形になることが多い。ガラス光沢をもち,半透明の青色を呈する。比重 2.28,硬度 2.5。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たん‐ばん【胆×礬】

《「たんぱん」とも》硫酸銅からなる鉱物。青色半透明で光沢がある柱状・板状結晶。三斜晶系硫化銅鉱床に二次鉱物として産出。吐剤・除虫剤などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たんばん【胆礬】

〔「たんぱん」とも〕
銅の硫酸塩鉱物。三斜晶系に属し、青色、半透明。化学的には、結晶水を五分子もった硫酸銅の結晶。板状または塊状・葡萄ぶどう状などを呈する。銅鉱山などに産する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆礬
たんばん
chalcanthite

「たんぱん」とも読む。銅の可溶性二次鉱物の一つ。多量に産すれば銅の鉱石鉱物となる。多く塊状、鍾乳(しょうにゅう)状、ときに短柱状の自形をなす。水に溶け、その溶液は結晶同様青色を呈し、その中に鉄片を入れると表面に銅が着生する。日本では岩手県和賀(わが)郡湯田(ゆだ)町(現、西和賀町湯田)土畑(つちはた)鉱山、秋田県尾去沢(おさりざわ)鉱山、兵庫県生野(いくの)鉱山などで自形結晶を産した。化学の分野での呼び方に従うと硫酸第二銅五水和物となる。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胆礬の関連キーワードタンジュンパンダンタンパン乾パン前半短パンパンパン半パンごはんパンの日アポタンパク質タンパク尿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

胆礬の関連情報