コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煽つ アオツ

デジタル大辞泉の解説

あお・つ〔あふつ〕【×煽つ】

[動タ四]
あおいで風を起こす。
「大うちはで―・ちのけるがごとくで」〈狂言記・粟田口
燃える気持ちをあおりたてる。そそのかす。
「きやつは定業(ぢゃうごふ)が―・つ」〈虎明狂・鼻取相撲〉
風のために火や薄い物が揺れ動く。ばたばたする。
「屏風をたたむ如くにて、二、三度四、五度―・つと見えしが」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

おだ・つ【×煽つ】

[動タ下二]おだてる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおつ【煽つ】

( 動四 )
あおいで強い風を起こす。あおぐ。 「大うちはにて-・ちのけるがごとくでおぢやるによつて/狂言記・粟田口」
風で、物がばたばた動いたり、舞い上がったりする。 「 - ・つ火燵の灰煙/浄瑠璃・本朝三国志」
手足であおぐような動作をする。じたばたする。 「七転八倒目を見出し、手足を-・ち身をもがき/浄瑠璃・夏祭」
人の気持ちをそそり立てる。あおる。 「きやつは定業が-・つ/狂言・鼻取相撲」

おだつ【煽つ】

( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煽つの関連キーワード浄瑠璃

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android