コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊十力 ゆうじゅうりきXióng Shí lì

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうじゅうりき【熊十力 Xióng Shí lì】

1885‐1968
現代中国の思想家。湖北省黄岡県の人。字は子貞,十力の号で知られ,晩年は漆園老人と号す。青年時代には革命運動に参加したが,1917年兄弟の窮死を境に,南京の支那内学院で欧陽竟无につき仏教を学ぶ。22年,北京大学に招かれて唯識論を講じて,その名を知られ,易の哲学を基礎に宋明理学と仏教の唯識論を融合した新唯識論を唱えた。新中国ではきびしい批判を受けた。《新唯識論》(1932),《十力語要》(1935),《原儒》(1956)などの著書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

熊十力【ゆうじゅうりき】

中国の哲学者,思想家。湖北省黄岡の出身。青年時代に武昌蜂起に参加。20年,南京支那内学院に入学,仏教を学ぶ。北京大学で教えたのち,四川福性書院で抗日戦期を過ごし,以後は上海で暮らした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

熊十力の関連キーワードシゥオンシリー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android