コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮死 キュウシ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐し【窮死】

[名](スル)窮迫のうちに死ぬこと。
「枯野に―した先達を歎かずに」〈芥川・枯野抄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうし【窮死】

( 名 ) スル
困窮のうちに死ぬこと。 「正覚寺に-する者/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

窮死の関連キーワードレンツ(Jakob Michael Reinhold Lenz)ラスカー・シューラービリエ・ド・リラダン都太夫一中(7代)フンボルトの贈り物武帝[南朝梁]チンギス・ハンスマローコフ文芸倶楽部日本風景論国木田独歩葛西善蔵畠山国清江口三省万亭応賀ショア源義経ロルフ熊十力ユリア

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android