コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊坂適山 くまさか てきざん

1件 の用語解説(熊坂適山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊坂適山 くまさか-てきざん

1796-1864 江戸時代後期の画家。
寛政8年7月15日生まれ。熊坂蘭斎の兄。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)保原(ほばら)の人。同郡梁川(やながわ)に移封された蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩の家老蠣崎波響(かきざき-はきょう)に絵をならう。京都に出,浦上春琴(うらがみ-しゅんきん)に文人画をまなび,松前藩の絵師となる。田能村竹田(たのむら-ちくでん)とまじわり,山水画,詩文にひいでた。「適山画譜」がある。元治(げんじ)元年9月12日死去。69歳。名は助広。通称は昌三郎。別号に千水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊坂適山の関連キーワード元治エカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone