コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保原 ほばら

3件 の用語解説(保原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保原
ほばら

福島県北東部,伊達市西部の旧町域。福島盆地の東部にある。 1889年町制。 1955年大田村,上保原村,柱沢村,富成村の4村と合体。 2006年伊達町,梁川町,霊山町,月舘町と合体して伊達市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほばら【保原】

福島県北東部、伊達市の地名。メリヤス工業が盛ん。桃を中心とする果樹栽培地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保原
ほばら

福島県中通り北部、伊達(だて)郡にあった旧町名(保原町(まち))。現在は伊達市保原町地区で、市の西部を占める。旧保原町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)大田(おおた)、上(かみ)保原、柱沢(はしらざわ)、富成(とみなり)の4村と合併。2006年(平成18)伊達、梁川(やながわ)、霊山(りょうぜん)、月舘(つきだて)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。国道349号、399号、阿武隈(あぶくま)急行が通じる。福島盆地のほぼ中央、阿武隈川の東岸に位置する。平坦(へいたん)地は広く耕地化され、丘陵斜面もモモを主とする果樹園となり、土地利用の集約度は高い。ただし灌漑(かんがい)用水の確保には多くの努力を要した。古くから養蚕・製糸業が発達し、とくに真綿(まわた)の生産で知られた。現在はニット産業が中心であり、また工業団地を造成し通信工業などの工場を誘致している。旧正月25日(現在は3月第1日曜)に行われる厳島(いつくしま)神社の祭礼「つつこ引き」は、大きな藁苞(わらづと)をつくり、若者たちが引っ張り合うもので年占(としうら)行事の一つ。[渡辺四郎]
『『保原町史』全6巻(1981~1989・保原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保原の関連キーワード福島県伊達市片町福島県伊達市沢田伊達〈町〉月舘〈町〉福島県伊達市鶴田福島県伊達市根岸福島県伊達市広前福島県伊達市細谷保原〈町〉梁川〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

保原の関連情報