コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保原 ほばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

保原
ほばら

福島県北東部,伊達市西部の旧町域。福島盆地の東部にある。 1889年町制。 1955年大田村,上保原村,柱沢村,富成村の4村と合体。 2006年伊達町,梁川町,霊山町,月舘町と合体して伊達市となった。寛保1 (1741) 年白河領となり代官所が置かれ,陣屋町市場町として発達。南西部は福島市に接し,北半は阿武隈川氾濫原,南半は丘陵地が占める。中心の保原はかつて生糸の取引地。第2次世界大戦後繊維産業が興り,電子機器工場も立地。砂質の土地をいかしてリンゴ,モモ,ブドウなどの果樹栽培も盛んで,缶詰工場や機械関係の工場もある。厳島神社例祭の「つつこ引き」の行事は 300年の伝統をもち有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほばら【保原】

福島県北東部、伊達市の地名。メリヤス工業が盛ん。桃を中心とする果樹栽培地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保原
ほばら

福島県中通り北部、伊達(だて)郡にあった旧町名(保原町(まち))。現在は伊達市保原町地区で、市の西部を占める。旧保原町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)大田(おおた)、上(かみ)保原、柱沢(はしらざわ)、富成(とみなり)の4村と合併。2006年(平成18)伊達、梁川(やながわ)、霊山(りょうぜん)、月舘(つきだて)の4町と合併して市制施行、伊達市となった。国道349号、399号、阿武隈(あぶくま)急行が通じる。福島盆地のほぼ中央、阿武隈川の東岸に位置する。平坦(へいたん)地は広く耕地化され、丘陵斜面もモモを主とする果樹園となり、土地利用の集約度は高い。ただし灌漑(かんがい)用水の確保には多くの努力を要した。古くから養蚕・製糸業が発達し、とくに真綿(まわた)の生産で知られた。現在はニット産業が中心であり、また工業団地を造成し通信工業などの工場を誘致している。旧正月25日(現在は3月第1日曜)に行われる厳島(いつくしま)神社の祭礼「つつこ引き」は、大きな藁苞(わらづと)をつくり、若者たちが引っ張り合うもので年占(としうら)行事の一つ。[渡辺四郎]
『『保原町史』全6巻(1981~1989・保原町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

保原の関連キーワード泉谷しげる(業務提携)福島県伊達市保原町大泉伊達(市)(福島県)労働者災害補償保険霊山(旧町名)福島県伊達市小林 美代子信夫山 治貞筑後川の戦い筑後川の戦労働保護法伊達[市]宇都宮隆房菅野八郎菊池武光少弐頼尚熊坂適山大友氏時燃料電池神八三郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

保原の関連情報