熊蜂(読み)くまばち

精選版 日本国語大辞典「熊蜂」の解説

くま‐ばち【熊蜂】

〘名〙 (「くま」は大きい意)
① ハチ(膜翅)目コシブトハナバチ科の大形のハチ。体長約二~二・五センチメートル。体はアブに似て幅広く、ふくらんでいる。腹部は黒色で光沢があり、胸部背面は黄色毛が密生する。枯れ木や材木に穴をあけ花粉や蜜を集めて産卵する。春から秋にかけて花の蜜を求めて飛ぶが、集団生活はしない。性質はおとなしいが、昆虫や、ときに鳥さえも追撃するという。南西諸島を除く各地に分布。くまんばち。だいくばち。だんごばち。《季・春》
※俳諧・滑稽雑談(1713)二月「其黒きをもてくま蜂と称し、穴居するによりて穴蜂とす」
② 昆虫「すずめばち(雀蜂)」の俗称。〔康頼本草(1379‐91頃)〕

くまん‐ばち【熊蜂】

〘名〙
① 昆虫「すずめばち(雀蜂)」の俗称。
※雑俳・後の花(1738)「花折ばすでに其勢くまん蜂」
② 昆虫「くまばち(熊蜂)」の異名

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「熊蜂」の解説

熊蜂 (クマバチ)

学名:Xylocopa appendiculata circumvolans
動物。ミツバチ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「熊蜂」の解説

くま‐ばち【熊蜂】

コシブトハナバチ科のハチ。日本産ハナバチ類では最大。体は黒色で、胸部は黄色の毛で覆われる。枯れ木などに穴を掘って巣を作り、中に花粉や蜜を集めて幼虫のえさにする。本州から九州屋久島まで普通にみられる。くまんばち。 春》
スズメバチの俗称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android