コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊蜂 クマバチ

デジタル大辞泉の解説

くま‐ばち【熊蜂】

コシブトハナバチ科のハチ。日本産ハナバチ類では最大。体は黒色で、胸部は黄色の毛で覆われる。枯れ木などに穴を掘って巣を作り、中に花粉や蜜を集めて幼虫のえさにする。本州から九州屋久島まで普通にみられる。くまんばち。 春》
スズメバチ俗称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くまばち【熊蜂】

コシブトハナバチ科のハチ。大形で、体長約23ミリメートル。体は丸く、黒色毛におおわれ、胸部には黄色の毛が密生する。枯木・木材に穴をあけて巣を作り、花粉・蜜を蓄えて幼虫を育てる。本州以南と朝鮮・中国に分布。クマンバチ。 [季] 春。 《 -のうなり飛び去る棒のごと /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

熊蜂 (クマバチ)

学名:Xylocopa appendiculata circumvolans
動物。ミツバチ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

熊蜂の関連キーワードローゼンブラット:リムスキー・コルサコフの主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsリムスキー・コルサコフサルタン皇帝の物語蜜蜂マーヤの冒険熊蜂は飛ぶ熊蜂の飛行クマンバチ枯れ木

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熊蜂の関連情報