コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀蜂/胡蜂 スズメバチ

1件 の用語解説(雀蜂/胡蜂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すずめ‐ばち【×雀蜂/×胡蜂】

膜翅(まくし)目スズメバチ科の昆虫。日本最大のハチで、体長は女王バチが約4センチ働きバチが約2.5センチ。体は黒と黄褐色の縞模様。腹部に毒針をもち、攻撃的で、毒は猛毒。巣は土中、樹木の空洞などに作られ、木材をかみ、つばで練ったパルプ状の壁のある球状で、直径約40センチ。ふつう樹液に集まるが、時にミツバチを襲うことがある。巣は漢方で露蜂房(ろほうぼう)といい、薬用。くまんばち。ホーネット。 春》
スズメバチ科の昆虫の総称。クロスズメバチなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雀蜂/胡蜂の関連キーワード黒雀蜂小蜂土蜂葉切蜂葉蜂姫蜂鼈甲蜂飴蜂スズメバチの巣スズメバチ(胡蜂)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone