コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷武雄(2) くまがい たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷武雄(2) くまがい-たけお

1883-1936 明治-昭和時代前期の歌人。
明治16年11月2日生まれ。郷里の宮城県で農林業につく。前田夕暮に師事し,明治44年「詩歌」創刊に参加。同人らが自由律口語歌に転向するなかで定型律文語歌をまもり,山村生活をうたった。仙台の文芸誌「シャルル」の同人。昭和11年8月21日死去。54歳。歌集に「野火」「閑古鳥」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

熊谷武雄(2)の関連キーワード歌人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android