上天(読み)ジョウテン

大辞林 第三版の解説

じょうてん【上天】

空。天。 ⇔ 下土かど
四天の一。冬の空。
天帝。上帝。造物主。 「 -の聖旨良心の嘉賞には/思出の記 蘆花
天にのぼること。昇天。 「 -を遂げんまで導き給へ/こんてむつすむん地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐てん ジャウ‥【上天】

〘名〙 (「しょうてん」とも)
① そら。天。あめ。⇔下土(かど)
※本朝文粋(1060頃)一・視雲知隠賦〈大江以言〉「雲生上天。人託下土
※歌謡・山家鳥虫歌(1772)上・近江・美濃「上天の星は末代変らず」 〔詩経‐小雅・小明〕
② 天上界のうち、すぐれている方の天。⇔下天(げてん)
※反故集(1671)上「上天(ジャウテン)の極果に、八万劫の楽(たのしみ)有といへども」
③ 天帝。上帝。天上にある神。造物主
※続日本紀‐慶雲二年(705)四月壬子「不徳感上天仁及黎庶
※俳諧・俳諧世説(1785)三「かくて身にあやまりなき申ひらき上天(シャウテン)に通じ」 〔書経‐仲虺之誥〕
④ (━する) 天にのぼること。昇天。
※どちりなきりしたん(一六〇〇年版)(1600)四「ぜずきりしとよみがへり玉ひてより四十日めにおりべてといへるやまより御(ご)じゃうてんなされたる事」 〔史記‐封禅書〕
⑤ 四季の天の一つ。冬の天。《季・冬》 〔俳諧・増山の井(1663)〕 〔爾雅‐釈天〕
⑥ 上等のてんぷら。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上天の関連情報