コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水合成 ねっすいごうせい

百科事典マイペディアの解説

熱水合成【ねっすいごうせい】

鉱物合成法の一種。耐圧容器中に出発物質を水とともに封じて加熱する方法。1600℃,1万気圧程度が温度,圧力の限度で,800℃以下,5000気圧以下が実用範囲である。
→関連項目合成宝石

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

熱水合成の関連キーワードエメラルド液相成長岩石学ルビー緑泥石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android