コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水合成 ねっすいごうせい

1件 の用語解説(熱水合成の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

熱水合成【ねっすいごうせい】

鉱物合成法の一種。耐圧容器中に出発物質を水とともに封じて加熱する方法。1600℃,1万気圧程度が温度,圧力の限度で,800℃以下,5000気圧以下が実用範囲である。
→関連項目合成宝石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

熱水合成の関連キーワード化学繊維合成紙鉱物アンモニア合成法耐圧イコサノイド甲状腺腫誘発物質合成速度突然変異誘発物質ホモリノレン酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone