コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱燗 アツカン

デジタル大辞泉の解説

あつ‐かん【熱×燗】

《古くは「あつがん」》を普通よりも熱めにすること。また、その酒。 冬》「―に応へて鳴くや腹の虫/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつかん【熱燗】

〔古くは「あつがん」〕
酒の燗を熱くすること。また、その酒。 [季] 冬。 「 -で一杯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熱燗の関連キーワード日本料理/おもな調理用語烏賊徳利このわたひれ酒持越す御柱カニ燗酒温燗骨酒上燗鰭酒

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱燗の関連情報