熱燗(読み)あつかん

精選版 日本国語大辞典「熱燗」の解説

あつ‐かん【熱燗】

〘名〙 (「あつがん」とも) の熱いこと。湯であたためて熱くした酒。《季・冬》
日葡辞書(1603‐04)「atçugan(アツガン)〈訳〉非常に熱い酒」
※浮世草子・好色二代男(1684)六「暑間(アツガン)にして、是りゃ呑(のめ)と生男(きおとこ)斗さしつおさへつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「熱燗」の解説

あつ‐かん【熱×燗】

《古くは「あつがん」》酒のを普通よりも熱めにすること。また、その酒。 冬》「―に応へて鳴くや腹の虫草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android