熱燗(読み)アツカン

デジタル大辞泉の解説

あつ‐かん【熱×燗】

《古くは「あつがん」》を普通よりも熱めにすること。また、その酒。 冬》「―に応へて鳴くや腹の虫/草城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつかん【熱燗】

〔古くは「あつがん」〕
酒の燗を熱くすること。また、その酒。 [季] 冬。 「 -で一杯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あつ‐かん【熱燗】

〘名〙 (「あつがん」とも) 酒の燗の熱いこと。湯であたためて熱くした酒。《・冬》
※日葡辞書(1603‐04)「atçugan(アツガン)〈訳〉非常に熱い酒」
浮世草子・好色二代男(1684)六「暑間(アツガン)にして、是りゃ呑(のめ)と生男(きおとこ)斗さしつおさへつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱燗の関連情報