熱燗(読み)アツカン

  • 熱×燗

大辞林 第三版の解説

古くはあつがん
酒の燗を熱くすること。また、その酒。 [季] 冬。 -で一杯

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「あつがん」とも) 酒の燗の熱いこと。湯であたためて熱くした酒。《季・冬》
※日葡辞書(1603‐04)「atçugan(アツガン)〈訳〉非常に熱い酒」
※浮世草子・好色二代男(1684)六「暑間(アツガン)にして、是りゃ呑(のめ)と生男(きおとこ)斗さしつおさへつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱燗の関連情報