(読み)カン

  • ×燗

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「燗」は「爛(らん)」の俗字で、「かん」は和訓。「火」と「」の合字か) 酒、水、茶などを適度にあたためること。また、そのあたためかげん。現在では、もっぱら酒にいう。
※今川大双紙(15C前)躾式法の事「若水を、いつもの御手水のかんにわかして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android