コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱線風速計 ねっせんふうそくけい hot-wire anemometer

3件 の用語解説(熱線風速計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱線風速計
ねっせんふうそくけい
hot-wire anemometer

電流を流して熱した細い白金線に風があたると,白金線の温度が下がり,電気抵抗が減少する現象を応用した風速計。加熱電圧を一定に保ち,風速に応じた抵抗の変化を測定する定電圧方式と,白金線の温度を一定に保つために加えるべき電流の変化を測定する定温度方式とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねっせん‐ふうそくけい【熱線風速計】

風速計の一。電流を通して熱した金属線を気流中にさらし、温度変化や電気抵抗の変化を測定して、風速を求める計器。弱い風の測定に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねっせんふうそくけい【熱線風速計】

風速計の一。電流を通して加熱したタングステン・白金などの細い金属線を気流中にさらすと、冷却して電気抵抗が減少することを利用。微風の測定に適する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熱線風速計の言及

【風】より


【風向と風速の観測】
 気象台や測候所で風を観測する場合は,ふつう風向と風速が同時に測定できるプロペラ型風向風速計が使用されている。主として実験や研究用としては,白金やニッケルの細線を電気的に熱し,風によって失われる熱量を測定して風速を求める熱線風速計や,風の力を利用した風圧板型風速計やダインス風圧計と呼ばれるものもある。最近では超音波を使い,そのドップラーシフト(ドップラー効果)を利用して風速変動と同時に温度変動も測定できる超音波風速温度計が実用化され,大気環境調査などに広く利用されるようになってきた。…

【微風計】より

…そのため風杯や風車を小型軽量化し,その回転軸の摩擦をできるだけ小さくするようにしたものが用いられる。熱せられた物体に風が当たると温度が下がることを利用した熱線風速計や,空気中の音波の伝搬速度が風速に依存することを利用した超音波風速計は微風計としてすぐれたものであるが,取扱いが不便であったり,価格が高いなどの問題がある。風速計【清水 逸郎】。…

※「熱線風速計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熱線風速計の関連キーワード抵抗炉電圧降下白金海綿電気ヒーター硼砂球反応間接抵抗加熱炉インパルスシールコルビノ効果ポレー現象横磁気抵抗効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone