熱腸(読み)ネッチョウ

  • ねっちょう ‥チャウ
  • ねっちょう〔チヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

怒りや悲しみでにえくりかえっている心中。
「人も聞かぬ大言はきて、纔(わず)かに―を冷やす物の」〈一葉・うもれ木〉
熱心に思い詰めること。また、その心。
「邦の為世の為に満腔の―を灑ぎ」〈東海散士佳人之奇遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

怒りや悲しみで腸はらわたがにえくりかえる心中。 此-が冷されぬ/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 物事を熱心に思いつめること。また、その心やそのさま。熱烈な心。怒りや悲しみで興奮する心にもいう。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)湯婆「婆心情最切、自似熱腸人
② 怒りや悲しみで、にえくりかえっている心中。〔音訓新聞字引(1876)〕
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉三「(わづ)かに熱膓(ネッチャウ)を冷やす物の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android