コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中腸 チュウチョウ

大辞林 第三版の解説

ちゅうちょう【中腸】

消化管のうち、内胚葉ないはいよう起源の部分。脊椎動物では、ほぼ小腸にあたる。昆虫では消化管の中心部で胃とも呼ばれ、消化が行われる部位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中腸
ちゅうちょう

動物の消化管の一部で、前腸と後腸に挟まれた部分。脊椎(せきつい)動物では発生学の用語でやはり中腸とよばれる部分に由来し、十二指腸と小腸を含み、とくに養分の吸収の点で主要な役割を果たす。また、肝臓や膵臓(すいぞう)がここに開口する。無脊椎動物では中腸の定義はしばしばあいまいで、多くの場合に内胚葉(ないはいよう)起源の消化管を中腸と総称するが、とくに消化吸収機能の著しい腸の中心部分をさすこともある。軟体動物や節足動物の中腸(胃を含む)には、中腸腺(せん)とよばれる主要な消化腺が付随していて、消化酵素を胃に分泌する。中腸腺にはときに肝膵臓の名が与えられるが、形態的にも機能的にも肝臓、膵臓とは異なっている。[八杉貞雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中腸の関連キーワード昆虫/主要用語解説貝類/主要用語解説貝毒による中毒トリコミケテス細胞質多角体病マラリア原虫マルピーギ管致死遺伝子ホタテガイマルターゼ外分泌腺節足動物シタムシシロアリ肝膵臓消化腺アワビサソリ中腸腺甲殻類

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中腸の関連情報