燻蒸(読み)クンジョウ

デジタル大辞泉の解説

くん‐じょう【×燻蒸】

[名](スル)
いぶしむすこと。いぶった煙が立ちのぼること。
有毒ガスでいぶして殺虫・消毒を行うこと。「倉庫の穀物を燻蒸する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くん‐じょう【燻蒸】

〘名〙
① 気が立ちのぼること。
※玩鴎先生詠物百首(1783)墨「松煤凝結濃如漆、麝気薫蒸摸類圭」 〔墨子‐節用中〕
害虫を殺すためなどの目的で、薬剤などをいぶすこと。
※フランス文壇史(1954‐56)〈河盛好蔵〉プルーストの晩年「この蝋燭は、(クンジョウ)法をやる粉末に彼の手で火をつけることができるように」
③ 人を感化すること。
※聞光録(1907)〈綱島梁川〉「如是の人は、その身辺一切の人を、一団渾厚の和気中に薫し、陶鋳せでは已まざる一個の小造化翁也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燻蒸の関連情報