コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆心 バクシン

デジタル大辞泉の解説

ばく‐しん【爆心】

爆撃・爆発中心部。「爆心地」
[補説]書名別項。→爆心

ばくしん【爆心】[書名]

青来(せいらい)有一の短編連作小説。長崎の原爆爆心地周辺に住む人々を描く。平成18年(2006)刊行。翌年、第43回谷崎潤一郎賞受賞および第18回伊藤整文学賞受賞。平成25年(2013)、「爆心長崎の空」のタイトルで映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくしん【爆心】

爆発・爆撃の中心。 「 -地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

爆心の関連キーワード広島、長崎に落とされた原子爆弾長田新(1887~1961)遠距離被爆者と入市被爆者広島・長崎への原爆投下佐々木禎子さんと折り鶴原爆症認定の新旧基準被爆者と被爆体験者被爆建物と象徴保存広島と長崎の原爆外国人捕虜の被爆被爆者の健康被害江頭千代子さん旧広島市横川町被爆者健康手帳原爆症認定制度原爆症認定基準旧城山国民学校被爆体験者訴訟グラウンドゼロ原爆症の認定

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爆心の関連情報