コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆発性物質 ばくはつせいぶっしつexplosive substance

世界大百科事典 第2版の解説

ばくはつせいぶっしつ【爆発性物質 explosive substance】

熱力学的に不安定な平衡状態にある物質で,ある程度のエネルギーが与えられると物理的または化学変化(爆発)を起こして,周囲に急激な圧力の上昇を起こすもの。爆発物とも呼ばれる。そのうち爆発力を工業的に利用しうるものが,日本では火薬類と規定されている。爆発性物質はその危険性を認識するために,伝爆性,爆発威力,熱分解の激しさ,燃焼の激しさ,燃焼から爆ごう(轟)への転位,種々の感度などが試験,評価される。【吉田 忠雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆発性物質の関連キーワード特定通常兵器使用禁止制限条約雷酸水銀化学装置テトリル危険物

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android