コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆発性物質 ばくはつせいぶっしつ explosive substance

1件 の用語解説(爆発性物質の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばくはつせいぶっしつ【爆発性物質 explosive substance】

熱力学的に不安定な平衡状態にある物質で,ある程度のエネルギーが与えられると物理的または化学変化(爆発)を起こして,周囲に急激な圧力の上昇を起こすもの。爆発物とも呼ばれる。そのうち爆発力を工業的に利用しうるものが,日本では火薬類と規定されている。爆発性物質はその危険性を認識するために,伝爆性,爆発威力,熱分解の激しさ,燃焼の激しさ,燃焼から爆ごう(轟)への転位,種々の感度などが試験,評価される。【吉田 忠雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

爆発性物質の関連キーワード温度活性化エネルギー窒素平衡統計熱力学無定形物質熱力学温度爆発物非平衡熱力学の諸法則熱力学の第零法則

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone