コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山七兵衛 かたやましちべえ

2件 の用語解説(片山七兵衛の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

片山七兵衛【かたやましちべえ】

遠洋漁業の先駆者。焼津に生まれ,仲買問屋片山家の養子となる。カツオ釣漁業の発展のため,漁船動力化の必要を説いて,1907年東海遠洋漁業(株)を創立,社長に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山七兵衛 かたやま-しちべえ

1858-1916 明治時代の実業家。
安政5年生まれ。遠洋漁業の将来をみこして,漁船動力化の必要性をとき,明治40年東海遠洋漁業を創立。鰹(かつお)釣り漁業の振興に尽力し,焼津(やいづ)漁業の基礎をきずいた。大正5年11月22日死去。59歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は近藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

片山七兵衛の関連キーワード青木貞三有江金太郎今井清次郎佐羽喜六田村利七鄭永慶土居喜久弥那須善右衛門西川甫曲田成

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone