片山七兵衛(読み)かたやま しちべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「片山七兵衛」の解説

片山七兵衛 かたやま-しちべえ

1858-1916 明治時代の実業家。
安政5年生まれ。遠洋漁業の将来をみこして,漁船動力化の必要性をとき,明治40年東海遠洋漁業創立(かつお)釣り漁業の振興に尽力し,焼津(やいづ)漁業の基礎をきずいた。大正5年11月22日死去。59歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓近藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「片山七兵衛」の解説

片山七兵衛【かたやましちべえ】

遠洋漁業の先駆者。焼津に生まれ,仲買問屋片山家の養子となる。カツオ釣漁業の発展のため,漁船動力化の必要を説いて,1907年東海遠洋漁業()を創立,社長就任。市場会社焼津水産(株)社長も務めた。焼津水産界の卓越した指導者。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android