コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山七兵衛 かたやましちべえ

2件 の用語解説(片山七兵衛の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

片山七兵衛【かたやましちべえ】

遠洋漁業の先駆者。焼津に生まれ,仲買問屋片山家の養子となる。カツオ釣漁業の発展のため,漁船動力化の必要を説いて,1907年東海遠洋漁業(株)を創立,社長に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山七兵衛 かたやま-しちべえ

1858-1916 明治時代の実業家。
安政5年生まれ。遠洋漁業の将来をみこして,漁船動力化の必要性をとき,明治40年東海遠洋漁業を創立。鰹(かつお)釣り漁業の振興に尽力し,焼津(やいづ)漁業の基礎をきずいた。大正5年11月22日死去。59歳。駿河(するが)(静岡県)出身。本姓は近藤。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone