コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山九市 かたやま くいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山九市 かたやま-くいち

1828-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年2月10日丹波氷上郡(兵庫県)黒井村の庄屋の家に生まれる。学問や武芸このみ,とくに馬術にすぐれた。文久3年(1863)沢宣嘉(さわ-のぶよし)が生野(いくの)に挙兵すると,木村愛之助と名をかえて参加。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩に捕らえられ,元治(げんじ)元年7月19日京都六角牢で処刑された。37歳。名は春量。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

片山九市の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android