コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片山九市 かたやま くいち

1件 の用語解説(片山九市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片山九市 かたやま-くいち

1828-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年2月10日丹波氷上郡(兵庫県)黒井村の庄屋の家に生まれる。学問や武芸をこのみ,とくに馬術にすぐれた。文久3年(1863)沢宣嘉(さわ-のぶよし)が生野(いくの)に挙兵すると,木村愛之助と名をかえて参加。但馬(たじま)(兵庫県)出石(いずし)藩に捕らえられ,元治(げんじ)元年7月19日京都六角牢で処刑された。37歳。名は春量。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

片山九市の関連キーワード尊攘安藤兵吉上岡胆治川勝寛治真田直昌高橋甲之允田中長九郎難波金助三間半二横田藤三郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone