片岡源五右衛門(読み)かたおか げんごえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片岡源五右衛門 かたおか-げんごえもん

1667-1703 江戸時代前期の武士。
寛文7年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士四十七士のひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえて側用人・児小姓頭となる。元禄(げんろく)15年12月14日吉良義央(きら-よしなか)邸に討ちいった。元禄16年2月4日切腹。37歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は高房変名は吉岡勝兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android