コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐嘉則 かたぎり よしのり

美術人名辞典の解説

片桐嘉則

幕末・明治の歌人。通称善之助・八太郎。野矢常方の門に学び和漢の学に通じ、詠歌は二万首に及ぶ。宮内省御歌所御用掛を命ぜられる。家集に『自適集』がある。大正5年(1916)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐嘉則 かたぎり-よしのり

1835-1916 幕末-明治時代の歌人。
天保(てんぽう)6年生まれ。野矢常方にまなび,和漢の学に通じる。宮内省御歌所御用掛をつとめた。大正5年2月3日死去。82歳。陸奥(むつ)会津(福島県)出身。通称は善之助,八太郎。歌集に「自適集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片桐嘉則の関連キーワード明治時代天保

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android