コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片桐省介 かたぎり せいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

片桐省介 かたぎり-せいすけ

1837-1873 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年生まれ。越後(えちご)(新潟県)蒲原郡二俣村の庄屋。江戸で各藩の尊攘派とまじわる。維新後,東京府権(ごん)判事となり,また昌平黌(しょうへいこう)の復興にも力をつくした。明治6年2月19日死去。37歳。名は直方。字(あざな)は義卿。号は厓,楠荘。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

片桐省介の関連キーワード光の科学史スタング(父子)マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗ビクトリア生田万の乱

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone