コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牡丹色 ぼたんいろ

色名がわかる辞典の解説

ぼたんいろ【牡丹色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかな赤紫」としている。一般に、キンポウゲ科ボタンの花のようなみがかったのこと。園芸品種は多彩な色の花を咲かせるが、原種は赤みがかった紫の花とされる。中国原産で、花が咲くのは春。かさね色目いろめの名でもあり、表は、裏は紅梅など。襲の色目は平安時代だが、単独の色名として用いられるようになるのは化学染料が登場した近代とされる。衣料品のほか化粧品などにも用いられる。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼたん‐いろ【×牡丹色】

紫がかった濃紅色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼたんいろ【牡丹色】

ボタンの花のような、あざやかな赤紫色。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牡丹色の関連キーワード原種

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牡丹色の関連情報