コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧庵鞭牛 ぼくあん べんぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧庵鞭牛 ぼくあん-べんぎゅう

1710-1782 江戸時代中期の僧。
宝永7年生まれ。陸奥(むつ)橋野村(岩手県釜石市)の曹洞宗(そうとうしゅう)林宗(りんそう)寺の住持宝暦の大飢饉(ききん)で難民をすくうため宝暦5年から道路開削にとりくみ,二十余年にわたって閉伊(へい)街道や三陸沿岸沿いの難所の改修・整備につくした。天明2年死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

牧庵鞭牛の関連キーワード児童文学フェイト片山兼山新版歌祭文加賀美光章マドリード江戸時代(年表)天明の飢饉フェイト石谷清昌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android