コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野康重 まきの やすしげ

1件 の用語解説(牧野康重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野康重 まきの-やすしげ

1677-1723* 江戸時代前期-中期の大名。
延宝5年9月22日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主本庄宗資(むねすけ)の子。牧野康道(やすみち)の養子となり,元禄(げんろく)2年越後(えちご)(新潟県)与板(よいた)藩主牧野家3代。15年1万5000石に加増されて信濃(しなの)(長野県)に国替えとなり,小諸(こもろ)藩主牧野家初代。享保(きょうほう)7年11月28日死去。46歳。通称は大蔵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

牧野康重の関連キーワード常行内本宗英玄貞三鍼高林利之建部賢之多湖岐陽中村信斎西山宗春吉田慎斎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧野康重の関連情報