コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野康重 まきの やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野康重 まきの-やすしげ

1677-1723* 江戸時代前期-中期の大名。
延宝5年9月22日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主本庄宗資(むねすけ)の子。牧野康道(やすみち)の養子となり,元禄(げんろく)2年越後(えちご)(新潟県)与板(よいた)藩主牧野家3代。15年1万5000石に加増されて信濃(しなの)(長野県)に国替えとなり,小諸(こもろ)藩主牧野家初代。享保(きょうほう)7年11月28日死去。46歳。通称は大蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

牧野康重 (まきのやすしげ)

生年月日:1677年9月22日
江戸時代中期の大名
1723年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

牧野康重の関連キーワード牧野康周生年月日小諸藩釈尊寺小諸城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android