コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野康重 まきの やすしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野康重 まきの-やすしげ

1677-1723* 江戸時代前期-中期の大名。
延宝5年9月22日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主本庄宗資(むねすけ)の子。牧野康道(やすみち)の養子となり,元禄(げんろく)2年越後(えちご)(新潟県)与板(よいた)藩主牧野家3代。15年1万5000石に加増されて信濃(しなの)(長野県)に国替えとなり,小諸(こもろ)藩主牧野家初代。享保(きょうほう)7年11月28日死去。46歳。通称は大蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野康重の関連キーワードフルカラーイギリス音楽常陸国サン・シモン津波地震非正規社員の比率パキスタン洪水王鑑大句数祇園南海

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

牧野康重の関連情報