コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与板 よいた

2件 の用語解説(与板の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与板
よいた

新潟県中部,長岡市北部の旧町域。新潟平野の南西部にある。 1889年町制。 1955年黒川村,大津村の一部と合体。 1957年大河津村の一部を編入。 2006年長岡市に編入。中心集落の与板は信濃川支流の黒川に臨み,与板藩井伊氏 2万石の城下町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与板
よいた

新潟県中央部、三島(さんとう)郡にあった旧町名(与板町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の中央部を占める一地域。旧与板町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)黒川村と大津村の一部と合併、1957年大河津(おおこうづ)村の一部を編入。2006年(平成18)長岡市に編入。中心の与板は信濃(しなの)川左岸の西山(にしやま)丘陵東麓(とうろく)に位置する河川交通の要衝で、中世は上杉氏の重臣直江山城守兼続(なおえやましろのかみかねつぐ)の居城があった。近世は牧野・井伊(いい)氏2万石の与板藩の城下町、また、信濃川舟運の河岸場(かしば)町として繁栄し、問屋(といや)、豪商が軒を並べていた。近代は郡役所が置かれ、郡の行政府として重きをなした。古くから鋸(のこぎり)、鉋(かんな)、のみなどの打刃物(うちはもの)をつくる金物町としても有名。本願寺新潟別院(与板御坊)、恩行(おんぎょう)寺がある。[山崎久雄]
『前波善学編『与板町史』正・続(1959~1961・与板町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与板の関連情報