コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与板 よいた

2件 の用語解説(与板の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与板
よいた

新潟県中部,長岡市北部の旧町域。新潟平野の南西部にある。 1889年町制。 1955年黒川村,大津村の一部と合体。 1957年大河津村の一部を編入。 2006年長岡市に編入。中心集落の与板は信濃川支流の黒川に臨み,与板藩井伊氏 2万石の城下町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与板
よいた

新潟県中央部、三島(さんとう)郡にあった旧町名(与板町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の中央部を占める一地域。旧与板町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)黒川村と大津村の一部と合併、1957年大河津(おおこうづ)村の一部を編入。2006年(平成18)長岡市に編入。中心の与板は信濃(しなの)川左岸の西山(にしやま)丘陵東麓(とうろく)に位置する河川交通の要衝で、中世は上杉氏の重臣直江山城守兼続(なおえやましろのかみかねつぐ)の居城があった。近世は牧野・井伊(いい)氏2万石の与板藩の城下町、また、信濃川舟運の河岸場(かしば)町として繁栄し、問屋(といや)、豪商が軒を並べていた。近代は郡役所が置かれ、郡の行政府として重きをなした。古くから鋸(のこぎり)、鉋(かんな)、のみなどの打刃物(うちはもの)をつくる金物町としても有名。本願寺新潟別院(与板御坊)、恩行(おんぎょう)寺がある。[山崎久雄]
『前波善学編『与板町史』正・続(1959~1961・与板町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与板の関連キーワード新潟平野新潟県長岡市朝日新潟県長岡市北園町新潟県長岡市北荷頃新潟県長岡市北野新潟県長岡市北山新潟県長岡市北山町新潟県長岡市千秋新潟県長岡市宝新潟県長岡市北陽

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与板の関連情報