コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧野黙庵 まきの もくあん

1件 の用語解説(牧野黙庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

牧野黙庵 まきの-もくあん

1796-1849 江戸時代後期の儒者。
寛政8年生まれ。菅茶山(かん-ちゃざん),佐藤一斎にまなぶ。讃岐(さぬき)高松藩につかえ,江戸藩邸の学問所の文学兼侍講となる。嘉永(かえい)2年7月4日死去。54歳。本姓は臼杵。名は古愚。字(あざな)は直卿。通称は直右衛門。別号に信天翁。著作に「尚書抄説」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

牧野黙庵の関連キーワードエカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解葛飾北斎市川団十郎ミシンジェームズKポーク勢力富五郎三井八郎次郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone