コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物売物 ものうりもの

世界大百科事典 第2版の解説

ものうりもの【物売物】

歌舞伎舞踊の一系統。街頭を流す物売りの風俗を舞踊化した作品群。元禄(1688‐1704)ころから狂言の中にみえるが,宝暦期(1751‐64)になると純粋の所作事に採り入れられ,文化・文政期(1804‐30)の変化舞踊流行につれて,多くの物売りが登場する。はじめは,外郎ういろう)売,白酒売(しのぶ)売など狂言の中で,実際の身分を隠す〈やつし〉の姿の一つとして登場するが,のちには市井風俗を風物詩的に描写する舞踊となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

物売物の関連キーワード歌舞伎舞踊