コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物売物 ものうりもの

1件 の用語解説(物売物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ものうりもの【物売物】

歌舞伎舞踊の一系統。街頭を流す物売りの風俗を舞踊化した作品群。元禄(1688‐1704)ころから狂言の中にみえるが,宝暦期(1751‐64)になると純粋の所作事に採り入れられ,文化・文政期(1804‐30)の変化舞踊流行につれて,多くの物売りが登場する。はじめは,外郎(ういろう)売,白酒売,(しのぶ)売など狂言の中で,実際の身分を隠す〈やつし〉の姿の一つとして登場するが,のちには市井風俗を風物詩的に描写する舞踊となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物売物の関連キーワード浅間物歌舞伎舞踊石橋物変化物丹前物歌舞伎狂言道行き物物売り傾城物所作立て

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone