コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟餅 アワモチ

世界大百科事典 第2版の解説

あわもち【粟餅】

歌舞伎舞踊。常磐津。本名題《花競俄曲突(はなのほかにわかのきよくづき)》。1845年(弘化2)正月江戸中村座初演。4世中村歌右衛門,2世市川九蔵(後の6世団蔵)ほか。作詞3世桜田治助。作曲5世岸沢式佐。振付藤間大助(後の2世藤間勘十郎)。江戸の街に臼を引いてきて,曲づきをして見せながら粟餅を売り歩いた風俗を舞踊化した作品。初演のときは,正月の上演にふさわしく,鳥追や福寿草売も出したらしい。【服部 幸雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の粟餅の言及

【アワ(粟)】より

…うるちアワは精白して米に混ぜて炊く。もちアワは単独あるいはもち米と混ぜて蒸してつき粟餅とする。粟まんじゅう,粟おこし,あめ(飴)などの菓子類にも使う。…

【茶店】より

…街道筋の立場(たてば)茶屋や峠の茶店は旅行者の休憩施設として必須のもので,東海道草津宿の〈姥(うば)が餅〉や宇津谷(うつのや)峠の〈十団子(とおだんご)〉など,餅やだんごを名物とするところが多かった。京都の茶店は《雍州府志》(1682)によると,祇園社内の2軒の店と北野社門前の店に始まるとされ,〈二軒茶屋〉の名で知られた前者の〈祇園豆腐〉と後者の粟餅は,江戸初期すでに著名なものであった。江戸では明暦の大火(1657)後,浅草待乳(まつち)山聖天宮門前の茶店が奈良茶(茶飯)を売り出して評判となり,宝暦年間(1751‐64)には隅田川右岸の真崎(まつさき)稲荷社内の茶店が田楽を売物にして客を集めた。…

※「粟餅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

粟餅の関連キーワード金々先生栄花夢京都府京都市イソアワモチ糯粟・秫酉の市磯粟餅餅菓子曲搗き糯粟一膳曲芸神饌アワ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粟餅の関連情報