コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物権法 ブッケンホウ

2件 の用語解説(物権法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶっけん‐ほう〔‐ハフ〕【物権法】

物権に関する法律の総称。特に、物権について規定する民法第2編をいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物権法
ぶっけんほう

民法の一領域で、物権に関する法の全体。物権法は、物権の種類・内容が法定されている点(物権法定主義)、したがって強行法規を主体とする点、また、国によって制度がかなり異なっている点で、債権法と性格を異にする。日本では民法第二編がおもな法源であるが、不動産登記法借地借家法、農地法や、各種の財団抵当法などの特別法がある。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

物権法の関連情報