コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物権法 ブッケンホウ

2件 の用語解説(物権法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶっけん‐ほう〔‐ハフ〕【物権法】

物権に関する法律の総称。特に、物権について規定する民法第2編をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物権法
ぶっけんほう

民法の一領域で、物権に関する法の全体。物権法は、物権の種類・内容が法定されている点(物権法定主義)、したがって強行法規を主体とする点、また、国によって制度がかなり異なっている点で、債権法と性格を異にする。日本では民法第二編がおもな法源であるが、不動産登記法借地借家法、農地法や、各種の財団抵当法などの特別法がある。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物権法の関連キーワード他物権物権行為相続法物権証券物上請求権債権法国立大学法人等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案海事債権についての責任の制限に関する条約証人等の被害についての給付に関する法律地上権ニ関スル法律

物権法の関連情報