特別法(読み)とくべつほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「特別法」の解説

特別法
とくべつほう

一般法」に対する概念。一定の社会現象につき広く一般的に適用される法が一般法であり、このうち特定の人、場所、事項等に部分的に適用されるのが特別法である。たとえば、異なる法令間の場合では刑法は一般法であり、少年法は特別法にあたるし、同一の法令内でも、自首に関する刑法第42条(任意的減軽)は一般法であり、同法第80条(必要的減軽)は特別法である。古くから「特別法は一般法を破る」という原則が確立しており、一般法に対し特別法が優先して適用され、一般法は特別法が存在しない場合に適用されることになる。

[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「特別法」の解説

特別法
とくべつほう

一般法に対する法学上の概念。一般に広く適用される効力をもつ一般法に対し,その効力範囲が人,場所,事項その他の関係で制限されているものをいう。ただし一般法,特別法の区別は相対的で,たとえば商法民法に対して特別法だが,手形法などに対しては一般法である。同一の事項については,特別法が一般法に優先して適用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「特別法」の解説

特別法【とくべつほう】

特定の人,場所,事項に限って適用される法。普遍的に適用される一般法に対するが,両者の関係は相対的である。たとえば商法,借地法借家法などは民法の特別法であるが,商法は信託業法保険業法などの特別法に対し一般法。特別法は一般法に優先する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「特別法」の解説

とくべつ‐ほう ‥ハフ【特別法】

〘名〙 特定の人・場所・事項などについて適用される法。たとえば、民法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法などの一般法に対して、商法・行政事件訴訟法盗犯等の防止及処分に関する法律・少年法などをさす。原則として一般法に優先する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android