コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別法 とくべつほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特別法
とくべつほう

一般法に対する法学上の概念。一般に広く適用される効力をもつ一般法に対し,その効力範囲が人,場所,事項その他の関係で制限されているものをいう。ただし一般法,特別法の区別は相対的で,たとえば商法民法に対して特別法だが,手形法などに対しては一般法である。同一の事項については,特別法が一般法に優先して適用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくべつ‐ほう〔‐ハフ〕【特別法】

特定の人・地域・事項・行為について適用される法。例えば、民事一般について規定している民法に対して、借地借家法など。⇔一般法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

特別法【とくべつほう】

特定の人,場所,事項に限って適用される法。普遍的に適用される一般法に対するが,両者の関係は相対的である。たとえば商法,借地法借家法などは民法の特別法であるが,商法は信託業法,保険業法などの特別法に対し一般法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とくべつほう【特別法】

一般法に対して、適用の対象が特定の人・事物・行為・地域などに限られる法。 ↔ 一般法
日本国憲法では、一つの地方公共団体のみに適用される法律。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別法
とくべつほう

「一般法」に対する概念。一定の社会現象につき広く一般的に適用される法が一般法であり、このうち特定の人、場所、事項等に部分的に適用されるのが特別法である。たとえば、異なる法令間の場合では刑法は一般法であり、少年法は特別法にあたるし、同一の法令内でも、自首に関する刑法第42条(任意的減軽)は一般法であり、同法第80条(必要的減軽)は特別法である。古くから「特別法は一般法を破る」という原則が確立しており、一般法に対し特別法が優先して適用され、一般法は特別法が存在しない場合に適用されることになる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

特別法の関連キーワード失火法 (失火の責任に関する法律)大阪都構想の実現には担保附社債信託法レファレンダム金庫(金融)政府金融機関ドイツ普通法自動車抵当法特別法犯少年農地相続法刑事特別法民事特別法公益法人用益物権ラント法特殊銀行住民投票特殊会社公営賭博犯罪少年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別法の関連情報