コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権法 サイケンホウ

デジタル大辞泉の解説

さいけん‐ほう〔‐ハフ〕【債権法】

債権に関する法律の総称。特に、債権について規定する民法第3編をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

債権法
さいけんほう

実質的意義においては債権・債務関係を規律する法規範の総体を意味するが、形式的には民法第3編(第1章総則、第2章契約、第3章事務管理、第4章不当利得、第5章不法行為)をさす。債権法の特色は、第一に任意法規を原則とすること、第二に信義則によって支配されること、第三に普遍的性質を有すること、などである。債権法の法源のうち、もっとも重要なものは民法第3編であるが、そのほか契約法にも不法行為法にも、重要な特別法が多数存在する。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

債権法の関連キーワード電子記録債権法の成立カール ラーレンツ任意法規・強行法規半面的強行規定信義誠実の原則いわゆる債権法民法改正試案物権法定主義石坂 音四郎石本 雅男三潴 信三鳩山 秀夫電子手形十二表法土地債務電子債権淡路剛久平井宜雄勝本正晃鳩山秀夫

債権法の関連情報