コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

債権法 サイケンホウ

2件 の用語解説(債権法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいけん‐ほう〔‐ハフ〕【債権法】

債権に関する法律の総称。特に、債権について規定する民法第3編をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

債権法
さいけんほう

実質的意義においては債権・債務関係を規律する法規範の総体を意味するが、形式的には民法第3編(第1章総則、第2章契約、第3章事務管理、第4章不当利得、第5章不法行為)をさす。債権法の特色は、第一に任意法規を原則とすること、第二に信義則によって支配されること、第三に普遍的性質を有すること、などである。債権法の法源のうち、もっとも重要なものは民法第3編であるが、そのほか契約法にも不法行為法にも、重要な特別法が多数存在する。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

債権法の関連キーワード更改債権質指名債権債権行為債権管理回収業特別措置法対外債権電子記録債権法物権法保険金請求権に対する質権設定国立大学法人等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

債権法の関連情報