コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物産学 ブッサンガク

2件 の用語解説(物産学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶっさん‐がく【物産学】

有用な動植物・鉱物や、農工業の産物について研究する学問。江戸時代本草学から発展した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっさんがく【物産学】

江戸時代に本草学から派生して発展した学問。薬用を含めて,有用な天産物についての応用を目的とした学問である。江戸時代中期,幕府の殖産興業政策は,国内物産開発を目的とし,各地の天産物の実地調査を行い,植物の栽培,動物の養殖や飼育,鉱山開発へと向かった。その結果,本草家たちは,薬用にこだわらず,各種天産物に関心をもち,物産学的研究を行い,物産家,物産学者と称するものが現れた。物産学的実地調査により,産物帳や産物絵図が各地で作製されていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の物産学の言及

【自然誌】より

…しかしとくに動植物については別に〈本草書〉の伝統があり,梁の陶弘景が漢末の混乱で散逸した本草書を整理し,《神農本草》《名医別録》を基に《神農本草経》の定本を著したのに始まり,李時珍の《本草綱目》で完成した。江戸時代,日本ではこれらの研究は〈物産学〉と呼ばれて盛んであった。最近の自然誌研究ではおもにその分類法に関心が向けられている。…

※「物産学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

物産学の関連キーワード松岡玄達本草偽学本草家派生商品浅野春道小原春造木内政章坂本浩雪百々俊道

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone