コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物産学 ブッサンガク

世界大百科事典 第2版の解説

ぶっさんがく【物産学】

江戸時代に本草学から派生して発展した学問。薬用を含めて,有用な天産物についての応用を目的とした学問である。江戸時代中期,幕府の殖産興業政策は,国内物産開発を目的とし,各地の天産物の実地調査を行い,植物の栽培,動物の養殖や飼育,鉱山開発へと向かった。その結果,本草家たちは,薬用にこだわらず,各種天産物に関心をもち,物産学的研究を行い,物産家,物産学者と称するものが現れた。物産学的実地調査により,産物帳や産物絵図が各地で作製されていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の物産学の言及

【自然誌】より

…しかしとくに動植物については別に〈本草書〉の伝統があり,梁の陶弘景が漢末の混乱で散逸した本草書を整理し,《神農本草》《名医別録》を基に《神農本草経》の定本を著したのに始まり,李時珍の《本草綱目》で完成した。江戸時代,日本ではこれらの研究は〈物産学〉と呼ばれて盛んであった。最近の自然誌研究ではおもにその分類法に関心が向けられている。…

※「物産学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

物産学の関連キーワード日本山海名物図会田中 芳男田中芳男白尾斎蔵庶物類纂松村元綱谷川士清秋田蘭画山瀬春政徳川吉宗中川淳庵木内石亭鳥海松亭阿部将翁藤田恭庵平賀源内牧石潭岡魯庵開成所

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android