コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物集和子 もずめ かずこ

1件 の用語解説(物集和子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

物集和子 もずめ-かずこ

1888-1979 明治-大正時代の小説家。
明治21年10月生まれ。物集高見の娘。藤浪剛一の妻。明治43年「ホトトギス」に「かんざし」を発表。44年「青鞜(せいとう)」発起人ひとりとなり,「七夕夜」「お葉」などを発表。のち青鞜を退社,藤岡一枝の名で「おきみ」などをかいた。昭和54年7月27日死去。90歳。東京出身。跡見高女卒。本名は藤浪和。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

物集和子の関連キーワードウィルヘルム朝鮮映画三井財閥松原のぶえ白都真理長谷川真弓不条理日記赤い鳥SF映画日雇労働者

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone