藤浪剛一(読み)ふじなみ ごういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤浪剛一 ふじなみ-ごういち

1880-1942 明治-昭和時代前期の放射線医学者。
明治13年6月7日生まれ。ウィーン大に留学してレントゲン学をまなぶ。順天堂医院レントゲン科長をへて,大正9年慶大教授となる。日本レントゲン学会,日本医史学会,日本温泉気候学会の創設にくわわる。藤浪鑑(あきら)の弟。妻は作家の物集(もずめ)和子。昭和17年11月29日死去。63歳。愛知県出身。岡山医専(現岡山大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤浪剛一
ふじなみごういち
(1880―1942)

放射線医学者。名古屋市生まれ。病理学者の藤浪鑑(あきら)の弟。1906年(明治39)岡山医学専門学校(現、岡山大学医学部)を卒業し、その後、同校病理学教室で病理学を専攻。1908年ウィーン大学に留学してレントゲン学を学んで1912年に帰国、順天堂医院レントゲン科長となった。1920年(大正9)慶応義塾大学医学部教授となり、理学的診療科を主宰、レントゲン学・光線医学・温泉医学の診療、研究、指導を行った。また医学史の資料を収集し、医学史研究も行った。[大鳥蘭三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藤浪剛一の言及

【藤浪鑑】より

…学士院会員。弟の藤浪剛一も医師で慶応大学教授,放射線医学者として著名。【長門谷 洋治】。…

※「藤浪剛一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android