コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特別公務員 トクベツコウムイン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

特別公務員
とくべつこうむいん

公務員のうち裁判・検察・警察の職務を行う公務員(裁判官検察官警察官)と、こうした公務員を補助する者(裁判所職員、警察署事務職員など)。刑法上の概念であり、人事院が一般職と分けて定めている「特別職公務員(大臣、国会職員、防衛省職員など)」とは別のものである。特別公務員は国家権力を遂行する役割を担っており、逮捕、監禁など特別の権限を与えられている。同時に守秘などの義務も負っている。検察や警察の権力は、濫用を防ぎ国民の自由を守るために「特別公務員職権濫用罪」、「特別公務員暴行陵虐罪」などの処罰対象になる。たとえば、警察官が取調べ中に暴力を振るうことは特別公務員暴行陵虐罪に相当する。2013年(平成25)時点で裁判官、裁判所職員は約2万6000人、検察官は約3000人、警察官は約25万人などとなっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特別公務員の関連情報