コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特定観測地域 とくていかんそくちいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特定観測地域
とくていかんそくちいき

大地震が発生する可能性が高く,集中的な観測が必要とされる地域。地震予知連絡会が 1970年に地震予知の戦略上から決定した。選定基準は,過去に大地震があったが近年大地震が起こっていない地域,活断層などがある活構造地域,地殻変動の活発な地域など。北海道東部,秋田県西部・山形県北西部,宮城県東部・福島県東部,新潟県南西部・長野県北部,長野県西部・岐阜県東部,名古屋・京都・大阪・神戸地区,島根県東部,伊予灘・日向灘周辺の 8地域が指定された。2008年,全国的な地震観測網の整備推進などによる地震予知技術や環境の発展に伴い,地域を固定せず全国を対象とした観測を行なうため,観測強化地域とともに廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android