犇めく(読み)ヒシメク

デジタル大辞泉の解説

ひし‐め・く【×犇めく】

[動カ五(四)]
大勢の人が1か所にすきまなく集まる。また、集まって騒ぎたてる。「観衆が―・く」
ぎしぎしと音がする。
「ものの―・き鳴るもいと恐ろしくて」〈・一二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしめく【犇めく】

( 動五[四] )
ひとところに多くの人や物が押しあうようにしている。また、集まって騒ぐ。 「初詣での参拝者が-・く境内」 「町工場が-・く」 「京より御使ありとて-・きけり/平家 2
きしんで音がする。 「いとど奥の方より、物の-・き鳴るもいと恐ろしくて/枕草子 125」 〔が原義〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android