コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立(ち)込む/立ち籠む タチコム

デジタル大辞泉の解説

たち‐こ・む【立(ち)込む/立ち籠む】

[動マ五(四)]
ある場所に集まって込み合う。混雑する。たてこむ。「境内は参詣の人々で―・んでいる」
「ことに人多く―・みて」〈徒然・四一〉
川釣りで、川の中に入って立ち、釣り糸を垂れる。「深みに―・みアユをねらう」
[動マ下二]たちこめる」の文語形

たて‐こ・む【立(て)込む】

[動マ五(四)]
1か所に多くの人が集まって混雑する。込み合う。「売り場に客が―・む」
仕事や用件が一時に多く重なる。「仕事が―・んで休日もとれない」
[動マ下二]たてこめる」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

立(ち)込む/立ち籠むの関連キーワード川釣り参詣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android