犬公方(読み)いぬくぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬公方
いぬくぼう

江戸幕府5代将軍徳川綱吉につけられたあだ名で,公方とは将軍の別称。綱吉は戌 (いぬ) 年生れであることから,僧隆光のすすめによって,生類憐みの令を出し,特に犬を過度に大切にさせた。そのことに対する世人の批判からこう呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いぬくぼう【犬公方】

江戸幕府第五代将軍徳川綱吉の異名。生類憐しようるいあわれみの令を出し、戌いぬ年生まれで特に犬を愛護したことからの名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬公方の関連情報