コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆光 りゅうこう

6件 の用語解説(隆光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆光
りゅうこう

[生]慶安2(1649).2.8. 大和
[没]享保9(1724).6.7. 大和
江戸時代中期の新義真言宗の僧。京都,奈良,高野山で顕密の学をきわめ,貞享3 (1686) 年徳川綱吉の命により筑波山知足院の主となる。のち大僧正に任じられ,権威をもって諸社寺を興隆し,また大いに根来山の復興をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうこう〔リユウクワウ〕【隆光】

[1649~1724]江戸中期の新義真言宗の僧。大和の人。字(あざな)は栄春。将軍徳川綱吉の信を得て筑波山の知足院主となり、のちこれを江戸に移して護持院と改称。生類憐みの令を提言したという。通称は護持院大僧正

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

隆光

没年:享保9.6.7(1724.7.26)
生年:慶安2.2.8(1649.3.20)
江戸前・中期の新義真言宗の僧。豊山派興隆の功労者,生類憐みの令の黒幕。大和添下郡二条村(奈良市)出身。10歳で唐招提寺朝意の門に入り,12歳で出家。長谷寺(豊山)の亮汰以下の諸師から密教を修学したほか,奈良諸寺で唯識,華厳,倶舎などを,京都で儒学老荘をも学んだ。貞享3(1686)年名声を耳にした将軍徳川綱吉に江戸知足院へ招聘され,城中鎮護の祈祷を担当。霊験あらたかなため綱吉と生母桂昌院 の寵愛を受け,権僧正に抜擢された。翌4年綱吉と桂昌院の意を迎え,生類憐みの令を進言したという。元禄1(1688)年知足院を江戸城鬼門の神田橋外に移して大伽藍を建立,のちに護持院と改称した。同3年新義派の祖,覚鑁に対し興教大師の諡号宣下に成功。同8年新義派全体を統括する僧録司となり,同派初の大僧正にも就任した。宝永4(1707)年の引退まで,江戸城中にあって将軍家の安穏を霊的に守護すること22年におよび,この間権勢を利用して疲弊した各地の寺社復興にも尽力したが,綱吉死去に伴い威勢を一挙に喪失,開創に全力を尽くした護持院もわずかか30年で消滅した。隆光の成功も失脚も,ともに彼の過剰なほどの政治的手腕に原因があったといってよい。著書に『理趣経解嘲』など。『隆光僧正日記』は元禄前後の歴史状況を知るうえで貴重。<参考文献>林亮勝「将軍綱吉と護持院隆光」(日本仏教学会編『仏教と政治経済』)

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうこう【隆光】

1649‐1724(慶安2‐享保9)
江戸中期の新義真言宗の僧。大和添下郡二条村に生まれ,唐招提寺朝意のもとで仏門に入り,1660年(万治3)長谷寺浄泉亮汰に学ぶ。ついで奈良諸寺で唯識,華厳,三論,俱舎を受講し,86年(貞享3)江戸湯島の知足院住職となり,江戸城中鎮護の祈禱を務めた。将軍徳川綱吉に認められ,同年権僧正に抜擢(ばつてき)。88年(元禄1)には神田橋外に5万坪の地を賜り,知足院をここに移した。91年僧正となり,95年には寺領500石を加えて1500石となり,寺名を護持院と改め,新義真言の僧録を命ぜられ,隆光は大僧正に昇った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りゅうこう【隆光】

1649~1724) 江戸前・中期の新義真言宗の僧。大和の人。字あざなは栄春、通称は護持院大僧正。筑波山知足院の主となり、のち知足院を神田橋外に移転し護持院と改称。将軍綱吉の側にあって経を講じ祈禱きとうを行い、また社寺の復興に努めた。「生類憐れみの令」の発布を綱吉に勧めたと伝えられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隆光
りゅうこう
(1649―1724)

江戸初期の真言(しんごん)宗の僧。字(あざな)は栄春(えいしゅん)、俗姓は川辺氏。大和(やまと)(奈良県)の人。12歳のとき唐招提寺(とうしょうだいじ)の朝意(ちょうい)に従って受戒、ついで豊山(ぶざん)(長谷寺(はせでら))の亮汰(りょうた)に師事。18歳のとき京都で詩書、春秋、老荘を学び、高野山(こうやさん)、興福寺、法隆寺、醍醐(だいご)寺で東密(とうみつ)、唯識(ゆいしき)、華厳(けごん)、三論(さんろん)、倶舎(くしゃ)を学ぶ。将軍徳川綱吉の寵遇(ちょうぐう)を受けて筑波(つくば)山知足院主(ちそくいんしゅ)となり、のちにこれを江戸神田橋外に建立し護持院(ごじいん)と称する。将軍とその母桂昌院(けいしょういん)の外護(げご)により乙訓寺(おとくにでら)、室生寺(むろうじ)を中興して新義派に転ぜしめ、また筑波神社、熱田(あつた)神宮などの社寺多数を復興した。一方、江戸城に日々登城して将軍の左右に侍して勢力を振るい、世に護持院大僧正(だいそうじょう)と称された。関東の新義真言宗はこの隆光のころをもって最盛期とする。[吉田宏晢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隆光の言及

【護持院】より

…1688年(元禄1)湯島の知足院を神田橋外の武家屋敷の地に移し,寺観も一新して護持院と改めた。開山は知足院の隆光で,彼は将軍綱吉に認められ権僧正に任ぜられた。91年には朱印1500石の寄進を受け,院家に列し,関東真言宗新義派の総録とされた。…

※「隆光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隆光の関連キーワード滝承天早川快亮新義真言宗古義真言宗新義新義派智山派豊山派真言宗智山派真言宗豊山派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隆光の関連情報