犬桜(読み)イヌザクラ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐ざくら【犬桜】

バラ科の落葉高木。山野に自生。樹皮は暗灰色でつやがあり、春、白い小花を密につけるが、見劣りするのでこの名がある。実は黄赤色から黒紫色に変わる。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬざくら【犬桜】

バラ科の落葉高木。高さ5~10メートル。本州中部以西に分布。葉はサクラに似る。春、白い小形の五弁花を総状に多数つける。萼がくは花後も脱落せず、果実は熟して紫黒色となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

犬桜 (イヌザクラ)

学名:Prunus buergeriana
植物。バラ科の落葉高木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android