コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬黄楊 イヌツゲ

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐つげ【犬黄楊】

モチノキ科の常緑低木。山地や湿地に生え、高さ約2メートル。枝は細分し、堅い小さな葉が密につく。雌雄異株。夏、白い花が咲き、実は丸く、熟すと黒い。庭木とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬつげ【犬黄楊】

モチノキ科の常緑低木。山地に自生。普通高さ1.5~3メートル 内外。ツゲに似るが、別種。葉は密に互生し、長楕円形で革質、細鋸歯きよしをもつ。雌雄異株。初夏、白色の小花が密集してつき、球形の実は熟して黒色となる。庭木・盆栽用。材はツゲより劣る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報