コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂俳 キョウハイ

2件 の用語解説(狂俳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょう‐はい〔キヤウ‐〕【狂俳】

戯れやこっけいを主とする俳諧。
雑俳の冠付(かむりづ)けの一。七五調で意味が浅く内容は単純。江戸後期、名古屋を中心に流行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の狂俳の言及

【雑俳】より

…この興行では月並み,点取,景品というような条件を伴い,純粋俳諧とはやや存在の意味や目的を異にするので,一括して古くは〈前句付〉と呼んでいたが,明和(1764‐72)ごろの大坂で〈雑句・雑俳〉の語が人事句を主とするところから使用されはじめ,前句に代わって総称となった。ただし尾張では〈狂俳〉をもって総称とするなど,地域や時代によって種々の呼称が用いられていた。【鈴木 勝忠】。…

※「狂俳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

狂俳の関連情報