狐猿(読み)きつねざる

精選版 日本国語大辞典「狐猿」の解説

きつね‐ざる【狐猿】

〘名〙 原猿類キツネザル科およびコビトキツネザル科の哺乳類総称。九属一七種いる。マダガスカル島とその周辺の島にのみ分布し、森林や岩石地帯にすむ。体の大きさは種類によって異なり、体長一三~六〇センチメートル、長一三~六〇センチメートル。尾は長いが、などに巻きつかない。吻(ふん)はキツネに似て長く先端部のみ無毛。目は大きい。体色は、茶、赤茶、黒など変化に富む。多くは夜行性で樹上あるいは地上で生活し、樹葉、果実昆虫などを食べる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「狐猿」の解説

狐猿 (キツネザル)

動物。キツネザル科の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android