(読み)キツ

デジタル大辞泉の解説

きつ【×狐】

キツネ古名
「行方のしれぬは、どうでお―の業かしれぬ」〈伎・韓人漢文〉

きつね【×狐】

イヌ科の哺乳類。体長45~90センチ、尾長30~55センチ。毛色は主に橙褐色。口先が細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。雑食性で、ノネズミを狩るときには高く跳躍して前足で押さえる。日本にはキタキツネ・ホンドギツネの2亜種がすむ。森林や草原のほか人家周辺にも現れ、民話に多く登場。人を化かすといわれ、また稲荷神の使者ともされる。 冬》「公達(きんだち)に―化けたり宵の春/蕪村
人をだます、ずるがしこい人。
《キツネは油揚げが好物といわれるところから》
稲荷鮨(いなりずし)
㋑「狐饂飩(きつねうどん)」「狐蕎麦(きつねそば)」の略。
《化粧をして男を迷わすところから》遊女。
「歌妓(ねこ)は箱持(はこや)の案内(しるべ)に属(つ)き、―は引手の家婢(じょちゅう)にひかれ」〈魯文安愚楽鍋
狐拳(きつねけん)」の略。

けつね【×狐】

(主に関西で)きつね。「うどん」

こ【狐】[漢字項目]

[音]コ(漢) [訓]きつね
キツネ。「狐疑狐狸(こり)白狐(びゃっこ)
[難読]狐狗狸(こっくり)狐臭(わきが)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きつね【狐】

イヌ科の哺乳類。体長約70センチメートル、尾長40センチメートルほどで、体が細く、口は長くとがり、尾は太く房状。夜行性でネズミ・ウサギなどを捕食し、果実なども食べる。毛色は様々で、普通は赤黄色。毛皮は襟巻などにされ、全身銀色のギンギツネのものは最高級とされる。古くから霊力をもつ動物として説話や俗信が多く、稲荷神の使者ともされる。北半球に広く分布し、日本にも各地の低山帯や草原にすむ。 [季] 冬。
〔油揚げは狐の好物ということから〕 甘みを強くして煮つけた油揚げをのせた、かけのうどんやそば。けつね。
「狐色きつねいろ」の略。
〔狐は人をだましたり、たぶらかしたりすると俗にいうことから〕
悪賢い人。他人をだます人。 「いづれか-ならむな/源氏 夕顔
娼婦をののしっていう語。 「根性くさりの-め/浄瑠璃・天の網島
「狐拳きつねけん」の略。 「本拳か-か/滑稽本・七偏人」

くつね【狐】

キツネの転。 〔名義抄〕

けつね【狐】

キツネ。主に関西でいう。 「 -うどん」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狐の関連情報