コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツ

デジタル大辞泉の解説

きつ【×狐】

キツネ古名
「行方のしれぬは、どうでお―の業かしれぬ」〈伎・韓人漢文〉

きつね【×狐】

イヌ科の哺乳類。体長45~90センチ、尾長30~55センチ。毛色は主に橙褐色。口先が細くとがり、耳が三角で大きく、尾は太い。雑食性で、ノネズミを狩るときには高く跳躍して前足で押さえる。日本にはキタキツネ・ホンドギツネの2亜種がすむ。森林や草原のほか人家周辺にも現れ、民話に多く登場。人を化かすといわれ、また稲荷神の使者ともされる。 冬》「公達(きんだち)に―化けたり宵の春/蕪村
人をだます、ずるがしこい人。
《キツネは油揚げが好物といわれるところから》
稲荷鮨(いなりずし)
㋑「狐饂飩(きつねうどん)」「狐蕎麦(きつねそば)」の略。
《化粧をして男を迷わすところから》遊女。
「歌妓(ねこ)は箱持(はこや)の案内(しるべ)に属(つ)き、―は引手の家婢(じょちゅう)にひかれ」〈魯文安愚楽鍋
狐拳(きつねけん)」の略。

けつね【×狐】

(主に関西で)きつね。「うどん」

こ【狐】[漢字項目]

[音]コ(漢) [訓]きつね
キツネ。「狐疑狐狸(こり)白狐(びゃっこ)
[難読]狐狗狸(こっくり)狐臭(わきが)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

1939年公開の日本映画。監督:渋谷実、脚本:池田忠雄、撮影:生方敏夫。出演:水戸光子、日守新一、斎藤達雄、岡村文子ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きつね【狐】

イヌ科の哺乳類。体長約70センチメートル、尾長40センチメートルほどで、体が細く、口は長くとがり、尾は太く房状。夜行性でネズミ・ウサギなどを捕食し、果実なども食べる。毛色は様々で、普通は赤黄色。毛皮は襟巻などにされ、全身銀色のギンギツネのものは最高級とされる。古くから霊力をもつ動物として説話や俗信が多く、稲荷神の使者ともされる。北半球に広く分布し、日本にも各地の低山帯や草原にすむ。 [季] 冬。
〔油揚げは狐の好物ということから〕 甘みを強くして煮つけた油揚げをのせた、かけのうどんやそば。けつね。
「狐色きつねいろ」の略。
〔狐は人をだましたり、たぶらかしたりすると俗にいうことから〕
悪賢い人。他人をだます人。 「いづれか-ならむな/源氏 夕顔
娼婦をののしっていう語。 「根性くさりの-め/浄瑠璃・天の網島
「狐拳きつねけん」の略。 「本拳か-か/滑稽本・七偏人」

くつね【狐】

キツネの転。 〔名義抄〕

けつね【狐】

キツネ。主に関西でいう。 「 -うどん」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

狐 (キツネ)

学名:Vulpes vulpes
動物。イヌ科の哺乳動物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

狐の関連キーワード狐落とし・狐落し小狐・子狐いなりずしフォックスライネケ狐木連格子九尾の狐ノネズミ源九郎狐こうこう狐使い稲荷車妻格子天気雨うどん名義抄小狐丸狐落し狐饂飩哺乳類

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狐の関連情報